Blogブログ

ここに説明文が入ります。ここに説明文が入ります。ここに説明文が入ります。

☆盛岡市空室1年超が3部屋の現地ヒアリング☆踏み出した一歩から見つけた空室対策の「答え」とは?

東北の旅から戻ってきました!

最終日は暴風雪の中を出発。
盛岡で空室対策60日個別プログラムの
オーナーさんと一緒に
現地ヒアリングをしました!

相続で大家さんとなった
女性オーナーさんは
盛岡市内の築40年近い物件で
6室のうち半分が空室の状態でのスタート。

不動産用語すらもわからず、
物件の管理体制を親に聞いても
わからない…

相続でローンもないし
もう空室のままで諦めてしまおうか…

でも親から引き継いだアパートに
灯りがともらないのは寂しい…
このままでいいのだろうか?

そんな揺れる気持ちと不安を
個別相談でお話されて、
「やっぱりこの空室対策を学んで
アパートを再生させたい!」と
一歩を踏み出しました。

空室対策メソッドを一つずつ学び、
実践しながら
今までの管理体制や客付方法で
古い体制のまま見えていなかったところを
解きほぐしていきました。

まず動き始めてみたら、
地方エリア、そして
古くから賃貸経営をしていたからか、
ずっと管理会社だと思っていた業者に
管理フィーの支払いがないことが判明!

この古くからの付き合いの地場の業者さん、
実はビルやテナントしか扱わず、
住居賃貸は例外的に依頼された時のみ
お世話している、ということだったのです。

そのため管理契約ではないし、
自社で住居賃貸の客付はやっていないが
市内の業者に広く依頼をすることができ、
過去、ずっと入居付けをしてくれていた
ことがわかりました。

とはいえ
時代は変わってきているもの。

リフォームはお願いしているものの、
管理フィーもなく、
先代は広告料の支払いもなかったようで
協力体制は崩れてしまっていました。

この地場業者にもヒアリングをお願いしつつも
新しく管理会社を探すことも視野に、
市内の業者へ客付のヒアリング回りをして
丁寧に聞いていったところ、

実はこの地場業者は
不動産以外にも多くの事業を手がける
盛岡では古参の有力企業で
地元の不動産業者とはすべて繋がっている
ことがわかりました!

そして
地場業者の担当者ともやっと面会ができ、
どうしても空室をうめたいこと、
協力して頂くにあたり報酬ややり方を
話し合って見直したいことを
オーナーさん自らしっかりと伝えました。

ここからが再スタート!

地場業者さんと何度も話し合い、
客付業者のヒアリングから募集条件を詰め、
今後のフィーもしっかりと決めて
協力して頂ける体制を一生懸命築いた
オーナーさん。

今では
地場業者さんが客付業者回りのために
マイソクを持たせてくれ、
担当者とはチャットですぐに相談ができる
までになりました!

形としては
心強いサポーターのいる自主管理
といったところですが、
新たな体制でオーナーさんは
頑張っています!

そして1年以上空室だった
部屋がうまり始めた!

 

管理会社がいる、
自主管理だ、

それだけが
賃貸経営の答えではありません。

その物件での、
その地域での、
そのオーナーさんの、

それぞれの答えがあるのが
空室対策です。

算数のように
必ず正解が一つではなく、

状況を丁寧に紐解いていくことで
ひとつしかない物件の、
一人しかいないオーナーさんの、
オンリーワンのベストな空室対策を
導き出していくことが大事なのです。

空室対策メソッドを学び、
素直に実践し、
業者さんとの連携を築き、

自分だけの空室対策と賃貸経営を
見つけ始めているオーナーさん。

これからも
100%満室を目指して
応援していきます!

あなたの物件の
ベストな空室対策の答えは
見つけられていますか?

私もあなたに、
あなただけの「答え」を
見つけてもらえるように
頑張ります。

この繁忙期こそ
正しく効果的な空室対策を知り、
満室経営を実現したい大家さんにとって
大きなチャンスの時期です。

そこで
まだまだ繁忙期も真っ只中!
満室を実現したい大家さんに

60分zoom無料個別相談会を
先着3名様プレゼントします!!残2名です

▼▼▼お申込はこちら▼▼▼

https://manshitsu-daisuki.com/kobetsu/

こんな方にこそ
ぜひおすすめです!

ー空室が3室以上ある
ー管理会社に任せているが空室がうまらない
ー2022年の繁忙期に絶対に満室にしたい
ー不動産購入したいけど賃貸経営に不安があり

 次の一歩が踏み出せない

繁忙期だから
空室は勝手にうまるだろう、では
毎年同じことの繰り返し。

どんな時でも、どんな物件でも
空室をうまる空室対策を
オーナーさんが身につけることで
この繁忙期に確実に満室にし、
安定した賃貸経営の仕組みができるのです。

繁忙期に入ってからも
正しい空室対策を実践することで
申込を頂いたオーナーさんが
続出しています!

いま、決断し、行動すれば
まだ間に合います!

あなたの物件に合った空室対策を
私と一緒に見つけましょう。

▼▼▼お申込はこちらから▼▼▼

https: https://manshitsu-daisuki.com/kobetsu/

☆〜〜〜☆〜〜〜☆〜〜〜☆〜〜〜☆
今日のブログはいかがでしたか?
ひとことでも感想やご質問など
頂けたらうれしいです
~~~~~~~~~~~~☆

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事

カテゴリー